Company Outline

HOME > 会社概要 > 沿革

沿革


東洋紡STC株式会社

東洋紡株式会社 沿革History of TOYOBO

1882(明治15年) 東洋紡の基盤となる大阪紡、三重紡(明治19年)誕生
1914(大正3年) 大阪紡と三重紡が合併し、東洋紡が設立される
1931(昭和6年) 大阪合同紡を合併
1966(昭和41年) 呉羽紡と合併
1989(平成元年) ダイヤファイバーズ株式会社よりアクリル繊維”エクスラン”部門の営業を譲受
2002(平成14年) 東洋紡ウール株式会社設立
(平成15年4月より東洋紡テクノウール株式会社)
2003(平成15年) 富山地区に事業所制を導入、紡織加工3工場(入善、井波、庄川)を統括
2004(平成16年) 中国繊維事務所開設(中華人民共和国上海市 現・中国事務所)

新興産業株式会社 沿革History of SHINKO

1936(昭和11年) 会社設立
1947(昭和22年) 東洋紡の関係会社として、繊維商社活動を開始
1961(昭和36年) 東京・大阪両証券取引所の市場第2部に株式上場
1995(平成7年) 株式会社長尾商事と合併
2003(平成15年) 上場廃止。東洋紡の100%子会社となる
2008(平成20年) 4月1日に東洋紡の繊維事業本部の開発・販売部門と、新興産業の繊維部門(アパレル本部、テキスタイル本部)及び高機能材部門(フィルム・機能樹脂、産業マテリアル、ライフサイエンス)を統合し、東洋紡STCが設立される

→このページの上部へ

―
―