16年度繊研合繊賞 東洋紡2素材が受賞

HOME > ニュースリリース

16年度繊研合繊賞 東洋紡2素材が受賞2017年1月26日

16年度の「繊研合繊賞(繊維新聞社主催)」は化合繊業界の発展を期待し
優れた素材、技術開発、マーケティング活動などに贈られる歴史ある賞で、東洋紡
は2つの賞を受賞しました。

032402
2016年度 繊研合繊賞贈呈式の様子

032403
(左)東洋紡 楢原社長  (中)アニコール社 塙社長  (右)東洋紡 佐野常務

◆ニューフロンティア賞
 競走馬調教支援システム「ホースコール」の開発
 (アニコール株式会社との共同受賞)

東洋紡の開発するフィルム状導電素材「COCOMI」を開発している中、
人のウエアだけではなく、競走馬の体調管理に応用するといった
新しい分野の進出が評価された。

◆特別賞
 長短複合技術「マナード」シリーズの開発と販売

マナードは精紡段階で電気開繊技術を応用して、長繊維と短繊維を
ブレンドする東洋紡独自の技術で、40年近く東洋紡の中核を支えてきた
技術であることが評価された。
現在も最高級のポロシャツ(コットン)、フォーマルウエア(ウール)などで
高い人気を誇る。

*授賞式は2017年3月15日 
  東京・ロイヤルパークホテルにておこなわれます。

→このページの上部へ

―
―